通りやすいキャッシング

キャッシングの借入件数での審査

キャッシングで借入れをする際、最も重要視される審査基準が実はその他の業者借入れ件数なのです。

もちろん、ブラックであるかどうかは重要となりますが、ブラックではないものの、多重債務者であるといった場合においては、その金額よりもその他の業者借入れ件数が重要視されます。

キャッシングで融資を受ける場合、審査の流れはまず信用情報機関への照会から始まります。 各キャッシングが加盟している個人信用情報機関に対して、その他の業者へのローン状況などについて調査します。 このその他の業者へのローン件数が、各キャッシング業者の許容件数内であれば、多少収入が少ないなどのマイナスポイントがあったとしても、貸付が可能となる場合が多いようです。

1社に50万円借入れるより、3社に10万円ずつ借入れがあるほうが断られるなんて、キャッシングに関する知識のない人には不思議ですよね。

しかし、キャッシングの審査においては、残りの返済金額の合計よりも、その他の業者借入れ件数のほうが重視されるというのは、この業界では常識となっているようです。 そのため、おまとめローンなどがあるキャッシングであっても、その他の業者借入れ件数がそのキャッシングの基準を上回っていると、ブラックに載っている、いない以前に融資を断られてしまうのです。

その他の業者借入れ件数が多くても、借入れすることのできる、ライブドアクレジットやディックといったキャッシングもありますので、借入れ件数が多いからといって、一概に借入れができないというわけではないようです。


キャッシングの借入件数での審査
キャッシングの審査が通らない原因
無審査で借りられるキャッシング
フリーターでも期待できる審査が通りやすいキャッシング
キャッシングのおまとめローンが通りやすい審査
キャッシングと取立て